なんJ 高校野球まとめ速報

現役高校球児、甲子園で活躍したプロが中心です

    PL学園

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483783840/


    1: 風吹けば名無し 2017/01/07(土) 19:10:40.78 ID:CAP_USER9
    サンケイスポーツ 1/7(土) 16:41配信

     春夏通じて7度全国制覇したが、昨夏で休部した高校野球の名門、PL学園(大阪)のOB会
    (鶴岡秀樹会長)が7日、大阪市内のホテルで開かれ、木戸克彦氏、宮本慎也氏らプロ経験者を含む
    82人が参加。総会では活動再開に向けて嘆願書を学校長に再提出することを全会一致で決めた。

     OB会長名で1月中の提出を目指す。OB会では2年前に300人強の連名による嘆願書を
    提出している。

     PL学園は部内での不祥事が続いたことから、2015年春から新入部員の受け入れを停止。
    最後の3年生部員が出場した昨夏大阪大会2回戦(初戦)で東大阪大柏原に6-7で敗戦後、
    休部状態に入っていた。OB会によると、昨年11月23日にOB会幹部が大阪・富田林市内の
    同校を訪れ、学校長と面談したが、硬式野球部の方向性については「何も決まっていない」との
    説明を受けたという。

     鶴岡会長は「何も決まっていないということは光があると思っています。ダメならダメといわれていると
    思うんです。来年から募集すれば、3年後ちょうど2020年東京五輪の年になる。その年に甲子園の土を
    踏めれば…」と希望を語った。

     OB総会では元監督の中村順司氏(名商大総監督)が講演し、年賀状で元横浜監督の渡辺元智氏や
    高野連関係者らから「寂しいです」「活動を停止しても高校野球史、ずっと残っています」など、
    休部を惜しむメッセージが届いたことを明かした。小学校、中学校などで指導者の道を歩んでいる
    OBが多く出席したことから、おしぼりをボール代わりにキャッチボールの実演など簡単な技術指導も
    行った。

     会場内ではキャップ、Tシャツ、キーホルダーなどのPL学園グッズが発売された。懇親会の最後には
    校歌を全員で合唱していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000554-sanspo-base

    【PL学園OB会、野球部活動再開に向けて嘆願書再提出へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1482886238/

    203_2

    1: 風吹けば名無し 2016/12/28(水)09:50:38 ID:TyE
    「ちなみに、1番怖いPLのOBは誰?」という質問に、前田は「立浪さんていう…」と、元中日
    ドラゴンズの選手で、現在は日本テレビに所属する野球解説者の立浪和義氏の名前をあげた。

    前田は「僕はいっぱい怒られたんで」と、立浪氏を恐れる理由を説明。
    「プロに入って19歳ぐらいですぐ茶髪にして…。(立浪氏から)『調子にのんな!』
    『何年やってんだプロで!? 真っ黒にしろ!』って言われて」と新人選手時代に、立浪氏を
    激怒させてしまったエピソードを披露した。

    しかし前田は「でも、せっかく染めたのに、黒にするのは勿体ない」という理由から、その後、
    立浪氏に会う際には、わずかにでも黒に見せるため、頭から水をかぶって挨拶に行ったり、
    帽子をかぶっているときは、帽子を脱いで頭を下げた後、すぐに帽子をかぶっていたりと、
    先輩からの注意を避けるための悪知恵を明かして、笑いを誘っていた。

    そんな前田に相葉は「もうやってることが中学生みたいですね」と半ば呆れた様子で、
    ツッコミを入れていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12473248/

    【前田健太 もっとも恐れるPL学園出身の先輩を明かす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1482041967/

    no title

    1: 風吹けば名無し 2016/12/18(日)15:19:27 ID:7tw
    化け物ばかりプロ野球界に輩出していたという事実
    なお、選手は真っ黒な模様

    【PL学園野球部WWWWWWWWWWWW】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1479136476/
    prm1602140016-p2

    1: 風吹けば名無し 2016/11/15(火)00:14:36 ID:CDb
    桑田「清原を打ち取ることだけを考えて上手くなった」

     

    【清原「桑田のピッチングを見て投手を諦めた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1475846925/
    first-12210-20161007-7850-magazine[1]

    : 風吹けば名無し 2016/10/07(金) 22:28:45.45 ID:CAP_USER9
    「たしかに、あの試合は人生のターニングポイントになったと思う」

    あの試合──それは、1998年夏の甲子園。延長17回の死闘の末に、平成の怪物・松坂大輔を擁する横浜高校がPL学園に勝利した試合のことである。
    18年経ってもなお色褪せることのないあの試合で、当時高校2年生だった田中一徳は、伝説の主役の一人だった。

    「あの日、朝3時半に目が覚めて、まだ真っ暗な心斎橋のホテルの屋上で1人でバット振ってね。試合が楽しみで楽しみで、抑えられなかった」

    同年春のセンバツ甲子園。田中は初めて松坂と対戦した。松坂が投じたスライダーにバットは空を切り、ボールはそのまま足に当たった。

    「こんな球、見たことない」

    野球を始めて以来最大の衝撃と、焦りにも似た闘争心が、一気に心を満たした。

    「この球を打てなきゃ、勝てない」

    来る日も来る日も、足に当たったスライダーを思い出し、バットを振った。

    「ちょっと、大袈裟にイメージしすぎてたのかな。実際の松坂さんが、大したことなく見えてしまった」

    はにかみながらそう振り返る。田中はこの試合、松坂から4安打を放った。あの松坂から4安打を放った2年生─。
    世間の田中に対する評価は一変した。溢れ出る向上心は田中を突き動かし続けた。

    「なんせ、野球が好きやったからね」

    兵庫県尼崎市で生まれ育ち、甲子園は常に身近にあった。松井秀喜の5打席連続敬遠も現地で目撃し、幼少期から野球は田中の人生そのものだった。

    「とにかく、もっと上を目指していた。現状に満足することなんて、ありえなかった」

    99年、横浜ベイスターズからドラフト1位で指名を受け、入団した。

    続きは WEDGE Infinity で

    https://news.nifty.com/article/magazine/12210-20161007-7850/
    2016年10月07日 09時00分 Wedge 
      
    田中一徳 (Kazunori Tanaka)1981年生まれ。兵庫県尼崎市出身。
    PL学園高校では2年生のときに出場した夏の甲子園で、横浜高校の松坂大輔から4安打を放つなどして活躍し、早くからプロに注目されていた。
    99年ドラフト1位で横浜ベイスターズに入団。
    1年目から1軍の試合に出場し、3年目には112試合に出場。その後伸び悩み、2006年に戦力外通告を受けた。
    トライアウトを受験するも獲得球団は現れず、米国へわたって独立リーグのヨーク・レボリューションに入団。
    2年在籍したのち、日本へ戻ってトライアウトを受験するも獲得球団はなく、引退を決意。
    拓大紅陵高校のコーチを経て、現在は日本経済大学で学生をしながら、硬式野球部のコーチをしている。

    http://npb.jp/bis/players/81785111.html
    成績

    【松坂から4安打、PL学園の核弾頭・田中一徳の後悔】の続きを読む