なんJ 高校野球まとめ速報

現役高校球児、甲子園で活躍したプロが中心です

    試合結果

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459054838/
    1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2016/03/27(日) 14:00:38.61 ID:CAP_USER*.net
    第88回選抜高校野球は27日、大会8日目を迎え、第2試合で昨年秋の明治神宮大会王者の
    高松商(香川)が好投手・高田萌生擁する創志学園(岡山)を5-1で下し、1990年以来、26年ぶりの
    ベスト8入りを決めた。

    両校無得点で迎えた3回。高松商は内野安打や4番・植田響介の左前安打などで2アウト満塁の
    チャンスを作ると、前の試合でも4打数3安打と当たっていた5番・美濃晃成が高田のストレートをとらえ、
    走者一掃となる左越え二塁打で先制。続く、植田理久都が左中間席へ2ランを運び、この回、5得点。
    高田から大きなリードを奪った。

    創志学園も6回。1番・北川大貴のレフトへの三塁打でチャンスを作り、2番・草加稔がショート強襲の
    内野安打。高松商のエース・浦大輝から1点を返したが、緩急自在のピッチングを最後まで攻略できなかった。

    投げ方が似ていることから「松坂2世」と呼ばれたプロ注目の高田は最速149キロのストレートを中心に
    相手打線に挑んだが、その真っ直ぐを序盤は痛打された。4回以降は的を絞らせない投球で、相手打線を
    封じたが、3回の失点が響いた。

    高松商は春2回、夏2回、全国優勝をした古豪。準々決勝は第3試合の敦賀気比(福井)と海星(長崎)の
    勝者と対戦する。

    img_news


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160327-00010010-fullcount-base

    【高松商が三回に一挙5点! 創志学園を5-1で下し26年ぶりベスト8進出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459045772/

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/27(日) 11:29:32.21 ID:CAP_USER*.net
    第88回選抜高校野球大会8日目の27日は、2回戦3試合。第1試合は、秀岳館(熊本)と南陽工(山口)が対戦。
    初回に8点を挙げた秀岳館が大差で南陽工を降し、初のベスト8に進出した。

    ○秀岳館(熊本)16-0南陽工(山口)●

    秀岳館は初回、2番・原田の左越え二塁打を足がかりに2死二塁から4番・九鬼の内野安打、5番・天本の敵失で先制。
    6番・広部が四球を選んで満塁とするとここから怒濤(どとう)の攻めで、
    7番・堀江、9番・宮平の適時打、1番・松尾の3点本塁打で計8点を奪った

    秀岳館は五回に天本が3点本塁打、八回に6番・広部がソロ本塁打を放つなど計18安打で16点を挙げて快勝。
    秀岳館は先発・堀江、2番手・田浦、3番手・川端が好投して被安打3で無失点。
    南陽工は九回に無死満塁の得点機を得たが後続を断たれた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160327-00000009-mai-base
    毎日新聞 3月27日(日)11時25分配信

    no title

    【南陽工-秀岳館】一回裏秀岳館2死一、三塁、松尾が左中間3点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2016年3月27日

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/senbatsu/2016/score/2016032704.html

    【秀岳館初回に8点 3発16得点で8強 秀岳館16-0南陽工】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458974760/
    高山 球速

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/26(土) 15:46:00.03 ID:CAP_USER*.net
    大阪桐蔭エース高山を攻略

    第88回選抜高校野球大会は26日、7日目が行われ、関東王者で2年連続3度目の出場となった木更津総合(千葉)が
    強豪・大阪桐蔭(大阪)を4-1で破り、秋の神宮大会の雪辱を果たした

    木更津総合の先発・早川隆久は初回、大阪桐蔭の3番・吉沢一翔に左翼席へ本塁打を浴びたが、その後は要所を締める投球。
    強力打線に対して緩急織り交ぜ、打たせて取るピッチングを披露。大阪桐蔭打線を1失点に抑える好投を見せた。

    木更津総合打線は集中打で得点。
    1点を追う3回、木戸涼の右前打などで1死満塁から主将で3番の小池航貴の左翼への2点打、
    さらに4番の鳥海嵐万、5番の山下輝のタイムリーが飛び出し、4連打で一挙、4得点。高山を攻略した。

    明治神宮大会では大阪桐蔭が準々決勝で5-2で勝利。高山と早川が先発し、好ゲームを見せていた。
    場所を甲子園に移した再戦では、大阪桐蔭との対戦を楽しみにしていた木更津総合が勝利。
    関東では唯一、残っている同校がベスト8に駒を進めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00010018-fullcount-base
    Full-Count 3月26日(土)15時43分配信

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/senbatsu/2016/score/2016032602.html

    【関東王者・木更津総合が大阪桐蔭破りベスト8へ 昨秋の雪辱果たす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458966516/
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/26(土) 13:28:36.09 ID:CAP_USER*.net
    明石商エース吉高が5安打完封

    第88回選抜高校野球大会は26日、7日目が行われ、初出場の明石商(兵庫)が優勝候補の一角だった東邦(愛知)を3-0で破り、ベスト8入りを果たした。
    明石商打線がプロ注目の右腕、バンビ2世こと藤嶋健人投手を攻略した。

    明石商の打線が初回から藤嶋を攻略した。2アウト一塁から4番の小西翔太が強振し、左越え二塁打を放って先制。
    3回に大西進太郎がレフトへ二塁打を放つなど、得点には結びつかなかったが、その後も得点圏に走者を進め、藤嶋を追いつめていった。

    1-0で迎えた7回1アウト一塁。その大西がまたも藤嶋の直球をとらえ、左越えへダメ押しの二塁打。
    思い切りの良いスイングで大きな追加点をマークした。
    8回にも藤原祐介の左越え二塁打で3点目を挙げ、リードを広げた。

    藤嶋以上の好投を見せたのが明石商のエース・吉高壮。
    最速145キロの直球をみせるなど、粘り強い投球で5安打完封勝利。
    日南学園(宮崎)戦に続き、2試合連続完投勝利となった。藤嶋は四死球や右打者に長打を打たれる場面が多く、8強入りはならなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00010011-fullcount-base
    Full-Count 3月26日(土)13時25分配信

    no title


    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/senbatsu/2016/score/2016032603.html

    【初出場の明石商がV候補・東邦破り8強 “バンビ2世”藤嶋が散る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ◇第88回選抜高校野球大会第7日・2回戦 龍谷大平安2―0八戸学院光星(2016年3月26日 甲子園)


     第88回選抜高校野球大会の第7日は26日、2回戦の3試合が甲子園球場で行われ、第1試合は4年連続40回目出場の龍谷大平安(京都)が投手戦の末、3年連続9回目出場の八戸学院光星(青森)を下し、優勝した2014年の86回大会以来、2年ぶりの準々決勝進出を決めた。

     龍谷大平安は初回、1死から2番・久保田が中前打で出塁すると、盗塁を決め二塁へ進塁。この場面で3番・西川が左翼線への適時二塁打を放ち先取点を奪うと、6回には1死三塁とし、4番・橋本の右犠飛で追加点を挙げた。

     先発の市岡は5安打2奪三振という内容で9回を完封。打者37人に対して142球の力投を見せた。

     八戸学院光星は甲子園初登板となった和田が先発。6回途中、5回1/3を投げて4安打2失点と試合を作り、マウンドを1回戦で完投した桜井に譲った。打線は計6度、得点圏に走者を置きながらも、最後まで本塁を踏むことができず、4年ぶりの準々決勝進出とはならなかった。

    20160326-00000106-spnannex-000-1-view


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00000106-spnannex-base

    【龍谷大平安 市岡の完封で8強決める 八戸学院光星は得点機生かせず】の続きを読む