なんJ 高校野球まとめ速報

現役高校球児、甲子園で活躍したプロが中心です

    明徳義塾

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1518743976/

    1: 名無し 2018/02/16(金) 10:19:36.88 ID:bnW2InyA0
     lkgGDWO

    2: 名無し 2018/02/16(金) 10:19:59.21 ID:bnW2InyA0
    独立リーグのユニフォームに袖を通した模様

    【明徳義塾の岸潤一郎の現在w 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    261024-03

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1509161734/

    1: 風吹けば名無し 2017/10/28(土) 12:35:34.51 ID:z+YIQPc40
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00050008-yom-soci

    高知県須崎市の明徳義塾高校サッカー部に所属する1年生の男子生徒2人(15歳と16歳)が、同校の寮に侵入し、現金を奪って留学生にけがをさせたとして、強盗致傷容疑などで逮捕されていたことがわかった。

    10: 風吹けば名無し 2017/10/28(土) 12:38:51.58 ID:z+YIQPc40
    同校サッカー部は全国高校サッカー選手権大会に7回出場している私立の強豪。今年も同大会の県大会でベスト8まで勝ち進んでいる。今後の出場について高知県サッカー協会は「学校の対応を見守る」とし、同校担当者は「慎重に協議して結論を出したい」と話した。

    【【悲報】明徳義塾の1年生部員、強盗致傷で逮捕www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1504600772/
    no title


    1: 風吹けば名無し 2017/09/05(火) 17:39:32.47 ID:i2wPv1We0
    大学でコーチかなんかと揉めてツイッターで荒れてたのは知ってたけど悲しすぎる

    no title
     
     

    【なぜ明徳岸君は拓殖大野球部を退部してしまったのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    無題
    【日大山形、明徳義塾相手にリードを奪うwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491974733/


    1: 風吹けば名無し 2017/04/12(水) 14:25:33.06 ID:CAP_USER9
    今年のセンバツは、大阪桐蔭が史上初となる大阪対決での決勝で履正社を下し、幕を閉じた。女子マネジャーの甲子園練習参加に、
    史上初の2試合連続延長15回再試合。「打高投低」の試合が相次ぎ、大会最多安打&得点の更新などなど…。数々の激闘の裏で、
    スポーツ報知のセンバツ取材班が感じたものとは―。それぞれがコラムでつづった。

    たまげた。早実の清宮をはじめ、多くの高校球児たちが、ユニホームにリュックを背負っていた。特に強烈だったのが、高知・明徳義塾だ。
    彼らはリュックの両サイドのポケットに、自身が使用するバットを差していた。サムライだ。二刀流だ。約20人が連なって歩く甲子園練習での
    姿は、今でも印象に残っている。

    8年ぶりのアマチュア野球担当復帰。金属バットやグラブ、スパイクとともに、安泰だと思っていたバッグまで“進化”しているとは…。
    関係者によると、リュックブームは「ここ数年で急速に広まった」という。強豪校が甲子園で使い注目を集めたことが、理由の1つだろう。
    今回も約半数の学校が、リュック型を採用していた。

    練習や移動の時間に制約のある甲子園では、効率的で便利だ。チャックを一気に開けられて、荷物をパパッと詰め込んで、個人のバットは
    両サイドにイン。重い荷物も両肩でバランス良く背負えるから、両手が使えて身体的にも負担が少ない。こんなにいい事ずくめなのに、
    何で定着したのが「ここ数年」なのか。それはズバリ「リュックがダサイ」という概念があったからだと思わざるを得ない。

    15年前に高校球児だった僕も、光沢のある斜め掛けのエナメルバッグに憧れていた。側面には「これでもか!」と強調された学校名。
    それが強さの象徴にも見えた。ただ、使い勝手は決して良くなかった。何度もジャンプしてバランスを整え、疲れたら左右の肩を入れ替えて
    持ち直した。走ると何度も太ももに当たり(というより、まともに走れない)、気が付けば弁当が真っ逆さまなんてことも…。

    球児のトレンドは「ユニホームにリュック」。道具の変化とともに、時代の流れを感じた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000145-sph-base

    画像
    no title

    【まるで侍 明徳義塾のリュックはバット2本が差せる革新的なもの】の続きを読む