なんJ 高校野球まとめ速報

現役高校球児、甲子園で活躍したプロが中心です

    尽誠学園

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1470984057/
    Cpo--3LUMAEK3xi

    【作新今井・151キロ13奪三振で完封 尽誠学園×作新学院の感想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1469423513/
    d_09320298

    2: 風吹けば名無し 2016/07/25(月) 14:12:03.85 ID:zV1NQ+ay0
    高松商の主将・米麦(よねばく)圭造君(3年)は、個性の強い部員を常に全力プレーで引っ張ってきた。しかし5月ごろ、腰を疲労骨折。約1カ月間、試合や練習から離れた。「チームに迷惑をかけているという意識もあったし、レギュラーから外れるのでは、という不安もあった」と振り返る。

     選抜ですべての試合に先発したエース浦大輝君(3年)も大会後、腰を痛めている。「多少の痛みはあるが、行けと言われたら行きます」と意気込みを見せるが、今大会準決勝までの登板は1イニングのみだ。

     今春、選抜で準優勝し、全国から注目を集めたが、練習試合では負けることも繰り返しあった。「プレッシャーも感じるが、それがチームを強くしてくれる」と米麦君は信じてきた。チームの状態があまり良くない時、長尾健司監督(46)は「全て忘れて一から出発しよう」と鼓舞し続けた。

     そんな状態で迎えた夏だったが、選手たちは奮起した。エースに代わり、背番号9の大熊達也君(3年)が全試合に先発し、好投してきた。打線も支えてきた。けがからの復帰が間に合った米麦君は準決勝まで12打数10安打。準々決勝では、植田響介君(3年)が3本塁打を放った。準決勝までの4試合で計7本塁打が飛び出し、すべてコールドで決勝に勝ち上がってきていた。決勝前、植田君は「春は優勝を目前で逃した。忘れ物を取りに行く」と意気込んでいたが、甲子園まであと一歩、届かなかった。

    http://www.asahi.com/koshien/articles/ASJ7S7VYWJ7SPLXB021.html


    【【悲報】高松商、予選敗退】の続きを読む