なんJ 高校野球まとめ速報

現役高校球児、甲子園で活躍したプロが中心です

    二刀流

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1467760936/
    G20130625006079840_view

    1: 風吹けば名無し 2016/07/06(水) 08:22:16.51 ID:NMuxf1Ik0
    【投手専念派】

    江本孟紀「本気で二刀流できると日ハムは思っているのか。大谷を潰す気か!投手は一度出来上がると長持ちするがバッターは難しい」

    権藤博「二刀流自体は簡単だが、どちらも一流になるのは難しい。野手なんて投手崩れで十分、高校生で160出す投手がどこにいるのか」

    桑田真澄「二刀流だと中途半端になる。投手に専念したほうがいい」

    広澤克実「まずは投手から。野手は時間がかかる」

    大野豊「二刀流も素晴らしい夢だと思うけど投手出身としてはあれだけの素材を持っているならピッチャーで見たい」

    槙原寛己「松坂でさえルーキーの時は154だった。下半身をもっと鍛えれば大投手になる素質がある」

    立浪和義「1年目に関してはダルより遥かに上、投手一本で行ってほしい」

    江夏豊「大谷を客寄せパンダにするな、まずはプロで160投げられるようになるのが二刀流より夢があるのではないか」

    工藤公康「無理のない投球フォームをしていて投手としては長く活躍できる可能性が高い。一方打者として松井のような長距離砲になれる可能性は低い」

    篠塚和典「先に投手やらせてダメなら野手転向」

    吉村禎章「未完という点で投手のほうが魅力がある」

    佐々木主浩「プロの球ではない。高校時代の財産で投げているといっていい。投手としての練習を本格的にしておかないと、将来が厳しくなる」

    小宮山悟「身体能力が飛び抜けているから投手」

    張本勲「野手から投手転向は難しい、160km/h投げる投手はそういるもんじゃない」(ただし12年12月時点では野手専念派だった)

    【大谷二刀流挑戦直後の解説者の反応wwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452375187/

    1: \(^o^)/ 風吹けば名無し 2016/01/10(日) 06:33:07.94 ID:CAP_USER*.net
    日本ハムの栗山監督がドラフト4位・平沼(敦賀気比)に二刀流を通達した。

    9日、千葉・鎌ケ谷で新人合同自主トレがスタート。
    初日から視察した栗山監督は室内練習場で打撃練習を終えた平沼を呼び止め、「投手の夢も諦めずに持っておけ」と直接伝えた。

    高校通算打率・375の打力で内野手登録となるが、昨年のセンバツを制した甲子園通算10勝右腕の評価は高い。
    「本人には二刀流の思いが絶対ある。僕にもその思いがあることを伝えた。
    栗山監督は報道陣の前でもしっかり宣言した。

    実現すれば現役では大谷に続き2人目となるが、入団時から投打を始めるのではなく、野手として1軍に定着してからの挑戦となる。
    平沼は「まずは1軍に上がらないといけない」と話したが、栗山監督は枠にはめず大きく育てるつもりだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160110-00000004-spnannex-base
    スポニチアネックス 1月10日(日)6時10分配信

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【野球】栗山監督 ドラ4平沼に二刀流指令 内野手登録も甲子園10勝右腕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445515038/

    a46fa56f

    1: \(^o^)/ 風吹けば名無し 投稿日:2015/10/22(木) 20:57:18.29
    「プロ野球ドラフト会議」(22日、グランドプリンスホテル新高輪)

     今春選抜の優勝右腕・平沼翔太投手(18)=敦賀気比=が
    日本ハムの4位指名を受け、二刀流の目標を口にした。

     エースとして2年夏から3季連続で出場した甲子園で通算10勝。
    最速144キロの直球は魅力ながら、左打者としても評価は高い。
    「自分は敦賀気比のエースとして日本一になれた。投手で頑張りたい気持ちもあるし、
    野手でも頑張りたい。両方あります」とキッパリ。
    先輩となる大谷翔平投手同様、「そう簡単ではないけど、
    自分も二刀流を目指して頑張りたい」と、高い目標を掲げた。

     178センチ、78キロの体で高校通算28発。
    鋭いスイングで広角に打ち分けるセンスは非凡。
    9月の和歌山国体では高校で初めて遊撃を守り、内野手としても準備をしてきた。
    50メートル5秒9。社中時代は1500メートル走でジュニア五輪にも出場するなど、
    身体能力は抜群だ。

     「プロ野球選手になる夢はかなった。次の一流のプロ野球選手に向けて
    新たなスタート」と気を引き締めた。

    http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2015/10/22/0008503822.shtml
    http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2015/10/22/0008503822.shtml?pg=2

    【日ハム4位平沼(敦賀気比)が二刀流宣言 今春のセンバツ優勝投手】の続きを読む