なんJ 高校野球まとめ速報

現役高校球児、甲子園で活躍したプロが中心です

    予選

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1466686362/
    qlOpyRuT_400x400

    1: 風吹けば名無しさん 2016/06/23(木) 21:52:42.11 ID:QoIJFiha0
    八重山、浦添工、八重山農、宮古工、宮古総合実、久米島
    具志川、具志川商、首里、本部、南風原、辺土名
    開邦、向陽、沖縄工、北部農、球陽、首里東

    以上18校

    【もう夏の甲子園が終わった高校一覧wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1466009020/

    TKY201105040131

    1: 風吹けば名無しさん 2016/06/16(木) 01:43:40.15 ID:gwGwiQTk0
    意外と大したことないんやで

    横浜 東海大相模
    ====全国クラスの強豪====
    桐光学園 横浜隼人 慶應
    ====甲子園一回戦突破可能===
    桐蔭学園 平塚学園
    ====田舎県で甲子園出場可能===
    日大藤沢 横浜商大 
    ====21世紀枠出場校に勝利可能===
    その他全部

    【神奈川県の高校野球のレベルwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1466295944/
    hig16032214180013-p26

    1: 風吹けば名無しさん 2016/06/19(日) 09:25:44.00 ID:ivqpBly2d
    どこが出てくるんや

    【そろそろ甲子園地方予選始まるやんけwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    20150811_03_02

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1466210400/
    1: 風吹けば名無しさん 2016/06/18(土) 09:40:00.55 ID:z/CdTIM0M
    夏の甲子園出場を懸けた第98回全国高校野球選手権沖縄大会が18日、全国のトップを切って開幕する。決勝は7月17日予定。
     開会式は午前9時から沖縄セルラースタジアム那覇で開催。選手宣誓は宮古工業の荷川取龍祐主将が務める。第1日は同球場など3球場で1回戦6試合を行う。
     全国選手権大会は8月7日に開幕し、準決勝前日の休養日を挟んで21日に決勝が予定されている。開幕が最も遅いのは7月16日の鳥取と高知。7月30日の神奈川、大阪、福岡ですべての代表校が出そろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160618-00000002-okinawat-oki

    【【朗報】沖縄県で甲子園予選、始まる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    sty1507240012-f2

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1464841907/
    1: 風吹けば名無しさん 2016/06/02(木) 13:31:47.71 ID:6435h5IM0
    第1シード 東海大菅生
    第2シード 八王子
    第3シード 日大三、創価、聖パウロ学園、都立東大和、都立日野
    主なノーシード 早稲田実、国士舘、佼成学園、早大学院、日大ニ

     秋季都大会では、西東京勢の4強はなく、佼成学園が8強に残っただけ。春季都大会では、東海大菅生が4強に残ったものの、8強は八王子を含めた2校だけ。
    その一方で、怪物・清宮 幸太郎(関連記事)を擁する早稲田実業は秋、春ともに2回戦敗退で、夏はノーシードで戦うことになった。
     現在、夏の大会の組み合わせで決まっているのは、東海大菅生と八王子は決勝戦まで当たらず、東海大菅生は日大三、創価、聖パウロ学園、都立東大和、
    都立日野といったシード校とも準決勝まで当たらないということだけだ。
     可能性としては1回戦から早稲田実業、日大鶴ヶ丘、国士舘、佼成学園、早大学院などが対戦することがあるし、シード校が登場する3回戦以降は、
    いきなり早稲田実業が日大三や東海大菅生と対戦することも、可能性としてはないわけではない。
     そのため多くの監督は、春季都大会の目標を、夏のシード校になる4回戦進出(ベスト16)に定めているが、今回はノーシード校にあまりに強豪が多いため、
    シード校になっても、「あまり意味がないですね」という声をよく聞く。
     春季都大会4強の東海大菅生がややリードしているものの、絶対的本命がなく、全ての学校とはいかないまでも、20、30校にはチャンスがあるのでは、という声もあり、
    近年まれにみる混戦模様だ。6月18日の組み合わせ抽選が、今年は例年以上に注目される。
    そうした混戦の中でも東海大菅生は、ひと冬越して、明らかに強くなっている。エースの伊藤 壮汰は、秋まではまだ内野手出身という感じが色濃く出ていたが、春は球威も増して、
    投球の組み立てなども進歩し、投手らしくなってきた。
    秋は伊藤がエースで4番だったが、春は深澤 祐太が4番に定着。準々決勝の帝京戦では決勝2ランを放つなど、攻撃も厚くなった。
     秋は1次予選で敗れた八王子は、2年生投手の早乙女 大輝が成長。球威はさほどないものの、変化球の制球の良さが光る。打撃は4回戦の聖パウロ学園戦で、
    代打を含めた下位3人の連続安打で逆転サヨナラ勝ちしたように、上位下位関係なく得点できるのが強みだ。

    http://www.hb-nippon.com/sp/column/46-soukatsu/10561-20160604no307t

    【【夏の西東京大会】本命不在の大激戦らしいwwww】の続きを読む