なんJ 高校野球まとめ速報

現役高校球児、甲子園で活躍したプロが中心です

    下関国際

    「自主性というのは指導者の逃げ。『やらされている選手がかわいそう』とか言われますけど、意味が分からない。(対戦する)三本松(香川)さんって進学校ですか?」

     ――どうでしょうか……県立ですよね。

    「三本松さんの選手、甲子園(球場)でカキ氷食ってましたよ。うちは許さんぞと(笑い)。僕らは水です。炭酸もダメ。飲んでいいのは水、牛乳、果汁100%ジュース、スポーツドリンクだけ。買い食いもダメ。携帯は入部するときに解約。3日で慣れますよ。公衆電話か手紙でいいんです」
    20170812-00000006-nkgendai-000-4-view[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000006-nkgendai-base

    【下関国際監督「三本松さんの選手甲子園でカキ氷食ってましたよ。うちは許さんぞと(笑)」】の続きを読む

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1502589486/


    338: 名無し 2017/08/13(日) 11:01:19.75 ID:nRxQ8OE70
    no title


    【【画像】下関国際のチア衣装はコスプレショップで買ったものらしい】の続きを読む

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1502518916/

    1: 名無し 2017/08/12(土) 15:21:56.01 ID:2fOt+K4v0
    13日に登場する下関国際(山口)は、創部52年で春夏通じて初の甲子園。高校野球の指導者を目指していた坂原秀尚監督(40)は、教員免許取得のために東亜大に通いながら、05年、大学近くの下関国際の監督に就任した。
    就任前に部員の集団万引が発覚、山口大会の抽選会直前で出場停止処分になるなど荒れ放題だった野球部を立て直した坂原監督の野球論とは――。


    ■荒れ放題だった野球部を甲子園に

     ――野球部はかなり荒れていたと聞きますが。

    「僕が来た当初はそうですね。突然、厳しい監督が来たとなって、(部員が)みんな辞めて最後は1人になりました。」
    「その後、3人戻ってきて4人になった。グラウンド整備や道具の扱いが、とにかくヒドかった。野球がうまい下手のレベルじゃない。そういうマナーを教えると、面倒くさがって辞めていくんです」


     ――今年は主将の子が逃げたとか。

    「そうです。今年に限らず、毎年います。イベントみたいな感じ(笑い)。」
    「一昨年も(県大会で)準優勝したんですが、キャプテンで4番でエースの子に責任を持たせるためにあえてそういうポジションにしたんですが、途中で逃げ出しました」


     ――どうやって立て直し、選手に自信をもたせたのですか?

    「春先に県外のチームと試合をして、競ったり勝ったりして自信をつけてきました。広島、東京、大阪にも行きます。遠征費は、毎月3000円の部費を生徒から徴収してますので、それでまかなう。」
    「僕がマイクロバスを運転して広島まで往復すると、ガソリン代と高速代で2万円くらいかかる。泊まりの場合はご家庭で(宿泊費を)負担してもらいます。」
    「東京には北九州空港から行きます。年末に近くのマルハニチロさんの漁港で冷凍した魚を冷凍車から降ろすアルバイトをさせてもらって、そのお金で飛行機に乗るんです」

    20170812-00000006-nkgendai-000-4-view[1]


    【下関国際・坂原監督 「文武両道は無理」 買い食いダメ。携帯は解約】の続きを読む

    このページのトップヘ