なんJ 高校野球まとめ速報

現役高校球児、甲子園で活躍したプロが中心です

    カットマン千葉

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1479112424/


    1: 風吹けば名無し 2016/11/14(月) 17:33:44.75 ID:/68FE2zK0
     2013年夏の甲子園に花巻東で出場、“カット打法”が注目を集めた日大・千葉翔太外野手(3年)が、同年秋の東京国体以来、大学では初となる全国大会に出場。
    「9番・右翼」でスタメン出場し、4打席で2打数1安打、2四球とつなぎ役としての役割を果たした。

     高校時代から「ちょっと伸びた」と1センチ伸びた身長157センチの小兵が存在感を発揮した。
    第1打席では、バントをするしぐさをして相手投手をけん制し、フルカウントまで粘って四球を選ぶと、5回にはねらい澄まして左前安打。
    「9番バッターだったので、1番につなげることを心がけた」と千葉。
    球場に着いてから先発起用を伝えられたが、「いつでも出られる準備をしていた」とはつらつプレーを見せた。

     3年前の甲子園ではカット打法が話題となり、準決勝前に、大会本部から“ファウル打ち禁止令”が出て敗戦し号泣したが、
    「今でもプレースタイルは変わっていません」ときっぱり。この日はファウルこそなかったが、巧みなバットコントロールでフェアゾーンに打球を運んだ。

     「野球は身長じゃないんで…。持ち味を出せたと思う」と千葉は笑顔で振り返った。

    20161114-00000145-sph-000-1-view[1]

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161114-00000145-sph-base

    【【朗報】カットマン千葉、神宮大会でスタメン出場 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    「東都大学野球 日大5-2国学院大」(12日・神宮)

     日大・千葉翔太外野手(3年・花巻東)が、神宮デビューを果たした。

     「9番・中堅」で1部リーグ戦に初出場。三回は見逃し三振、五回は遊ゴロに倒れると、七回の好機では代打を送られ、2打数無安打だった。

     花巻東では13年夏の甲子園で4強入り。身長157センチの小柄な体ながら、巧みな打撃技術でカットを駆使し、高い出塁率を誇ったプレーが注目を集めた。

     入学3年目で初めてとなる神宮の舞台。快音こそなかったが、思い切りのいいスイングを披露し「ちょっと固かったけど、楽しくプレーできました」と、白い歯がこぼれた。仲村恒一監督からも、守備力を高く評価されている。

     「守りは絶対に負けない気持ちでやっている。打撃では長打は出ないので、状況に応じたつなぐバッティングをずっとやってきた」とこだわりを明かした千葉。「今日は自分の仕事ができなかった。チームに貢献できるように頑張りたい」と、さらなる成長を期した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160412-00000055-dal-base

    【花巻東のカットマン千葉が日大野球部でレギュラーな件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1451469598/
    千葉

    1: \(^o^)/ 風吹けば名無し 2015/12/30(水) 18:59:58.10 ID:GPCJCnJH0.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00000001-tospoweb-base
    >>その信念は大学進学後も揺らぐことはない。

    >>「カット打法は今も続けています。もちろんそれだけじゃないですけど、状況に応じていつでも出せるように。引き出しの多い打者になりたいんです」

    【【悲報】カットマン千葉、反省していない】の続きを読む