なんJ 高校野球まとめ速報

現役高校球児、甲子園で活躍したプロが中心です

    高校野球ニュース

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502939251/

    無題

    1: 名無し 2017/08/17(木) 12:07:31.32 ID:CAP_USER9
     第99回全国高校野球選手権大会(甲子園)第9日の17日、第1試合で秀岳館(熊本)が
    広陵(広島)に1―6で敗れ、2回戦で敗退した。鍛治舎巧監督(65)は大会直前の6日に
    今大会限りでの退任を表明しており、この試合が最後の指揮となった。試合後に
    「完敗ですね。(神奈川・横浜との1回戦も含め)夢のような大会だった。伝統ある学校との
    対戦でたくさんのことを学び、八代に持ち帰って、熊本の球児に還元できる」と話した。

     序盤は互いにピンチをしのぎ合う展開。4回に失策絡みで先制を許したが、直後に
    幸地竜弥(3年)の左越えソロで追いついた。

     先発の川端健斗(同)は粘って援護を待ったが、1―1で迎えた7回にスクイズバントを
    処理しきれず(記録は内野安打)失点。計2点を勝ち越され、この回途中で降板となった。
    後を受けた左腕の二枚看板の一人、田浦文丸(同)も9回に3ランを浴びて力尽きた。

     鍛治舎監督はこれまで松下電器(現パナソニック)監督を務める傍ら、NHK高校野球中継の
    解説を担当し、中学硬式「オール枚方ボーイズ」(大阪)を監督として全国大会優勝に導いた。
    14年4月に秀岳館の監督に就任すると、16年の選抜大会から今回まで4季続けて甲子園に出場。
    過去3度はいずれも4強だった。甲子園での監督通算成績は14試合で10勝4敗。

    西日本スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00010012-nishispo-base

    【秀岳館・鍛治舎監督が甲子園去る「完敗です」退任表明】の続きを読む

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1502518916/

    1: 名無し 2017/08/12(土) 15:21:56.01 ID:2fOt+K4v0
    13日に登場する下関国際(山口)は、創部52年で春夏通じて初の甲子園。高校野球の指導者を目指していた坂原秀尚監督(40)は、教員免許取得のために東亜大に通いながら、05年、大学近くの下関国際の監督に就任した。
    就任前に部員の集団万引が発覚、山口大会の抽選会直前で出場停止処分になるなど荒れ放題だった野球部を立て直した坂原監督の野球論とは――。


    ■荒れ放題だった野球部を甲子園に

     ――野球部はかなり荒れていたと聞きますが。

    「僕が来た当初はそうですね。突然、厳しい監督が来たとなって、(部員が)みんな辞めて最後は1人になりました。」
    「その後、3人戻ってきて4人になった。グラウンド整備や道具の扱いが、とにかくヒドかった。野球がうまい下手のレベルじゃない。そういうマナーを教えると、面倒くさがって辞めていくんです」


     ――今年は主将の子が逃げたとか。

    「そうです。今年に限らず、毎年います。イベントみたいな感じ(笑い)。」
    「一昨年も(県大会で)準優勝したんですが、キャプテンで4番でエースの子に責任を持たせるためにあえてそういうポジションにしたんですが、途中で逃げ出しました」


     ――どうやって立て直し、選手に自信をもたせたのですか?

    「春先に県外のチームと試合をして、競ったり勝ったりして自信をつけてきました。広島、東京、大阪にも行きます。遠征費は、毎月3000円の部費を生徒から徴収してますので、それでまかなう。」
    「僕がマイクロバスを運転して広島まで往復すると、ガソリン代と高速代で2万円くらいかかる。泊まりの場合はご家庭で(宿泊費を)負担してもらいます。」
    「東京には北九州空港から行きます。年末に近くのマルハニチロさんの漁港で冷凍した魚を冷凍車から降ろすアルバイトをさせてもらって、そのお金で飛行機に乗るんです」

    20170812-00000006-nkgendai-000-4-view[1]


    【下関国際・坂原監督 「文武両道は無理」 買い食いダメ。携帯は解約】の続きを読む

    1: 名無し 2017/08/09(水) 00:07:25.44 ID:4+Y0ILUEd
    (8日、高校野球 彦根東6―5波佐見)
    ■波佐見・木村晟一郎

     兵庫県伊丹市で過ごした中学時代、不登校生徒だった。やる気がわかず、なぜ頑張らなきゃいけないのか、分からなかった。でも、何か変えなきゃとは思っていた。

    【写真】アルプス席から声援を送る波佐見の木村晟一郎。帽子のつばには「兄貴との約束」。
    http://www.asahi.com/sp/articles/photo/AS20170808003355.html

     中3の夏、兄昂介(こうすけ)さんの高校野球最後の大会を家族で見て心が動いた。秋に母に告げた。「波佐見に行きたい。自分を変えたい」

     波佐見は母の母校で、三つ上の兄も野球部に所属していた。当初、兄は反対したが、入学前には「甲子園に出ろ。そして自分に負けるな」と応援してくれた。

     最初は、なかなか変われなかった。練習は厳しく、さぼることもあった。勉強にも身が入らなかった。

     1年の冬、得永監督から父と一緒に呼び出され、しかられた。父は「逃げていい」と言ってくれた。でも、逃げなかった。「このままでは何も得られない。頑張るしかない」。波佐見に来た理由を思い出して帽子のつばに書いた。「兄貴との約束」と。

     それから毎日300スイングをノルマに。後ろでついて行くだけだったランニングも、前に出て引っ張った。男子生徒約200人が参加する12キロのロードレースでは、1年の時は最後方だったが、2年では60位に。仲間を驚かせた。

     最後の夏もベンチに入れなかったが、率先して球拾いや用具運びをした。試合後、アルプス席で言った。「波佐見の仲間を誇りに思う。きっかけをくれた兄に感謝したい」。目頭が熱くなった。初めて「やり遂げた」と言えるものができた。
    無題


    【兵庫の不登校中学生「頑張らないといけない理由が分からん」→波佐見高校野球部に入った結果】の続きを読む



    d_09381756

    1: 風吹けば名無し 2017/08/06(日) 09:20:22.11 ID:LDFaYGQy0
    秀岳館・鍛治舎監督、今夏限りでの退任を表明 

      秀岳館(熊本)の鍛治舎巧監督(66)が、今夏限りでの退任を表明した。甲子園開会式リハーサル前の監督対談の直後、本人が明らかにした。体調面が理由ではないという。後任は未定。鍛治舎監督は「やるべきことはやった。(来夏の)100回大会への思いもあったが、引き際っていうのも大事」などと語った。

     甲子園3季連続4強の秀岳館は、大会第4日の第2試合で横浜(神奈川)と対戦する。
    http://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20170806-OHT1T50065.html 
      


    【秀岳館・鍛治舎監督、今夏限りでの退任を表明】の続きを読む

    このページのトップヘ