なんJ 高校野球まとめ速報

現役高校球児、甲子園で活躍したプロが中心です

    横浜高校

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1525675840/
    large01

    1: 名無し 2018/05/07(月) 15:50:40.26 ID:n2xGgZZS0
    https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12136-024471/

    ■「プロに入ったら投球だけに専念できるよう」

    小倉 オレの指導者人生でこれほどいじめた選手はいませんよ。投手は基本的に大輔ひとり。
       メンバーは揃っていたし、全国制覇をするために甲子園で連投させないといけないんだから。

    松坂 ボクもそのつもりでした。
       夏は予選から甲子園まですぐだし、投手が2枚3枚と必要になると言われますけど、最終的には自分が最後まで投げないと優勝はないと思っていました。
       普段の練習から、甲子園で連投することしか考えていませんでした。これくらいやらないと甲子園で勝てないんだって思っていました。

    小倉 凄いね。プロに入ったら投球だけに専念できるよう、フィールディング、牽制、クイックなどは徹底的に仕込んだんだ。

    松坂 高校の時、いつも言われてました。後輩の涌井(ロッテ)とかも、そうだと思います。
       牽制やフィールディングとか、プロの世界でやっていく上でこれが一番助かったことです。
       プロに入って他の選手を見て思ったことですけど、投げる球はいいのに、フィールディングがダメとか、牽制ができない投手がたくさんいます。
       ボクは投げることだけを考えればよかった。本当に助かりました。

    【松坂「プロでも牽制やフィールディングが下手な投手がたくさんいる。俺は高校時点で完成してた」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1524990290/
    bs-kowa-hy-20170716-ogp_0

    1: 名無し 2018/04/29(日) 17:24:50.28 ID:GmHHVFB6aNIKU
    春の神奈川県大会、横浜高校が圧倒的強さで優勝
    決勝は横浜が8対1で桐光学園を下した

    【【朗報】今年の横浜高校、クッソ強い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1524891376/
    万波中正(横浜高校)WIKIプロフィール!父母の国籍や出身中学は

    1: 名無し 2018/04/28(土) 13:56:16.58 ID:ZF7mAX0la
    残当



    【【悲報】横浜高校の万波さん、スタメンを外される 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1523770985/
    無題

    1: 名無し 2018/04/15(日) 14:43:05.43 ID:AvEpHNYh0
    https://pbs.twimg.com/media/DazCgufVAAA4i25?format=jpg

    また神奈川からバケモノ投手が誕生した模様

    【【朗報】横浜高校及川雅貴(新2年)、左で149km計測 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    横浜が、長南有航外野手(3年)の本塁打などで12安打12得点で快勝した。

     旭丘・大谷翔投手(2年)が制球良く丁寧に投げ、前半は苦しめられたが後半に打線が爆発。ドラフト候補の長南、万波中正外野手(3年)らのタイムリーなどで一挙7点を奪った。

     万波は対外試合解禁後、6本塁打を放ち通算34発まで伸ばした。打撃フォームをノーステップからすり足へ変更したが、調子に波があり打順は昨年の5番から7番となった。「一喜一憂しないということがテーマ。バッティングは右肩を下げないように意識したい」と与えられた打順で全うする。

     先発の板川佳矢投手(3年)は7回を無失点と好投。平田徹監督は「久しぶりの公式戦で硬さがありました。知らず知らずのうちにプレッシャーを自分たちにかけてしまうところがあるので、よそ行きの野球はやめようと話した」と振り返った。例年同様1年生もベンチ入りし、今回はバッテリー含む7人が入った。「英才教育と言いますか、試合の雰囲気に慣れ、レギュラー選手とやってその雰囲気も感じさせたい」と意図を話した。

    20180408-00173503-nksports-000-2-view[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00173503-nksports-base

    【【悲報】横浜高校の怪物万波、打順が7番まで下がる】の続きを読む