なんJ 高校野球まとめ速報

現役高校球児、甲子園で活躍したプロが中心です

    不祥事・批判・疑惑

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492700637/
    l_079


    1: 風吹けば名無し 2017/04/21(金) 00:03:57.04 ID:CAP_USER9
    福岡県警察本部の警察官6人が、容疑者の護送のため検察庁の庁舎で待機していた際、高校野球の優勝校を予想する野球賭博をしていた疑いで書類送検されました。

    書類送検されたのは福岡県警察本部の留置管理課に所属していた警部補ら6人です。
    警察によりますと、6人は、3年前からおととしにかけて、夏の全国高校野球や春のセンバツの優勝校を予想して現金を賭けていた疑いが持たれています。

    6人は、検事の取り調べのために容疑者を福岡地方検察庁に護送して検察の庁舎で待機していた際、1人1000円ずつ賭けていたということです。

    警察によりますと、調べに対し、6人はいずれも容疑を認めたうえで、「勝ち分は、賭けに参加した仲間どうしでの食事代に充てていた」などと供述しているということです。

    これについて、福岡県警察本部監察官室は「公表基準に至らない事案のためコメントは差し控える」としています。

    福岡県警察本部の留置管理課では、ことし3月、酒の席で女性警察官にわいせつな行為をしたとして2人が強制わいせつの罪で起訴されるなど、不祥事が相次いでいます。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170420/k10010955791000.html

    【【野球賭博】センバツ優勝校で賭けの疑い 福岡県警の警察官書類送検】の続きを読む

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1492213228/
    AS20140821003090_commL


    1: 風吹けば名無し 2017/04/15(土) 08:40:28.05 ID:IYr1uyE7K
    日本学生野球協会(東京)は14日、部員に長時間、ウサギ跳びをさせる体罰があったとして、
    鳥取県立八頭高(八頭町)の硬式野球部監督(38)を、3月24日から2年間の謹慎処分にしたと発表した。

    また、体罰への対応が不適切だったとして、同部長を3か月、コーチを6か月、それぞれ謹慎とした。

    同高によると、監督は3月11日、1年生部員16人がグラウンド整備をしなかった罰として約3時間にわたりウサギ跳びをさせた。
    部員たちは翌日からも約1週間、ウサギ跳びを続け、1人が左足のふくらはぎを痛めた。
    監督は「鍛錬だと思った。体罰という認識に欠けていた」と話しているという。
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170414-OYT1T50168.html

    【甲子園出場9回を誇る名門校の監督、部員にうさぎとびさせただけで2年の謹慎処分】の続きを読む

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1491894098/

    1: 風吹けば名無し 2017/04/11(火) 16:01:38.10 ID:cGsaaIXKa
    19期のオーケストラシンガーがツイッターで不謹慎発言

    no title

    オーケストラシンガー @monomaneyorozuy
    これだから虎は下品かつ卑劣。
    もう一度阪神淡路大震災で被害を受ければいいのに(笑)!


    ことの発端
    オーケストラ(大の巨人ファン)が動画で阪神を煽る
    「三振(阪神)タイガース 〇ね 〇ね 〇ね 〇ね~」

    阪神ファンがツイッターで、替え歌で応酬

    それに対し、オーケストラ「これだから虎は下品かつ卑劣。もう一度阪神淡路大震災で被害を受ければいいのに(笑)!」

    【【悲報】吉本芸人「阪神ファンは下品で卑劣 もう一度阪神淡路大震災で被害受けろ」】の続きを読む


    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1490887484/
    f154407a09612d68b82743a733ded29d-212x300

    1: 風吹けば名無し 2017/03/31(金) 00:24:44.58 ID:zsqZ8seTa
    伊集院光「矛盾を感じる」

    「奇跡の逆転優勝」へのブーイングはこれだけにとどまらない。

    けがを押しての稀勢の里の強行出場をめぐっては、タレントの伊集院光さんが
    3月27日放送の「伊集院光とらじおと」(TBSラジオ)で、第89回選抜高校野球(センバツ)での
    「エースの連投問題」と比較した。26日にはセンバツ2試合が延長15回で決着がつかなかった。
    そのうち、福井工大福井の摺石達哉投手は193球、福岡大大濠の三浦銀二投手は196球を投じており
    中1日を挟んで28日の再試合でも先発登板が有力視されている。

    伊集院さんは「高校野球で球数を相当投げて、投手生命を縮めているんじゃないかという議論が
    前々からずっとある。高校生に無理させちゃいけないんじゃないかと」とした上で、

    「でね、(高校野球と大相撲を)並べてスポーツニュースを見てるとすごく感じることがあった。
    もちろん高校生とプロフェッショナルを同列に比べちゃいけないけど、けがを押して出て
    あの中で逆転優勝する稀勢の里への思い入れと、無理して投げるエース投手への思い入れってものは
    高校野球のピッチャーを『無理しすぎてる、けしからん』っていう口のまま稀勢の里をほめちゃってるから
    矛盾を感じる」

    と、同じように体に無理をさせながら出場する両者への評価の違いに触れた。
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12854827/

    【伊集院光「稀勢の里は褒められて高校野球の投手はダメとか矛盾を感じる」】の続きを読む

    このページのトップヘ