なんJ 高校野球まとめ速報

現役高校球児、甲子園で活躍したプロが中心です

    日ハム

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1563520529/
    92BC9B67-AA82-42CA-A55A-07B2E0926A6E


    1: 名無し 2019/07/19(金) 16:15:29.61 ID:bMa6tTgdr

    【万波7号ホームランww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1562667839/
    E519B18B-DFF3-43E6-B4D4-A5D88DAA7539


    1: 名無し 2019/07/09(火) 19:23:59.79 ID:mjQT7Le0p
    ラストチャンスが終わった模様

    【【悲報】マグヌス中村さん、終わる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1562233786/
    18730DB7-22E4-4F44-88B5-59E8F5174A9C


    1: 名無し 2019/07/04(木) 18:49:46.17 ID:vi2A0pg2a
    巨人が育てた

    35: 名無し 2019/07/04(木) 18:54:57.61 ID:dq9LM9VQp
    もう交代して草

    【吉川光夫 wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1561514590/

    1: 名無し 2019/06/26(水) 11:03:10.05 ID:6o+oMXxf0

    4: 名無し 2019/06/26(水) 11:04:00.86 ID:6o+oMXxf0
    巨人吉川光夫投手(31)、宇佐見真吾捕手(26)と日本ハム藤岡貴裕投手(29)、鍵谷陽平投手(28)の2対2のトレードが成立したことが26日、分かった。
    29日のレギュラーシーズン再開を前に、中継ぎ投手の補強を目指した巨人と、捕手、投手の選手層の厚みを求めた日本ハムの思惑が一致した。

    セ・リーグ首位の巨人は、5年ぶりのリーグ優勝へ、中継ぎ強化が急務になっている。
    先発投手の防御率はリーグ2位だが、救援陣は同4位の3・83。新外国人としてダイヤモンドバックス傘下3A所属のルビー・デラロサ投手(30)を獲得したが、
    さらなる戦力アップへ右腕の鍵谷、左腕の藤岡が加入する意味は大きい。

    鍵谷は今季18試合に登板し、0勝0敗、防御率5・94。2軍では8試合で防御率0・00と安定した成績を残す。
    北海道出身の地元選手として活躍してきたが、求められた環境でブルペンを支える存在を目指していく。
    11年ドラフトで3球団競合の末にロッテ入りした藤岡は、18年にトレードで日本ハムへ移籍。
    今季2試合に登板して計3回で5失点と本来の力を出し切れていないが、新天地で心機一転を図る。

    パ・リーグ4位の日本ハムには吉川光、宇佐見が加入する。
    12年にMVPに輝いた吉川光は、入団から10年間所属した日本ハムに3年ぶりに復帰する。
    中継ぎに転向した今季は「勝利の方程式」の一角として期待されたが、9試合に登板し1敗、防御率9・95と結果を残すことができなかった。
    慣れ親しんだ古巣で復活を期す。

    今季日本ハムの捕手は清水、石川亮、鶴岡らが併用されている。
    現在の1軍3人は全員右打者で、左打者の宇佐見が加入すれば層の厚みが増す。
    プロ2年目の17年には4本塁打を放つなど、打撃力も期待されている。

    【【朗報】巨人吉川光夫、日ハムに返品される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1561103626/
    3D0FCF33-A62C-461D-8609-65A8BAA31667


    1: 名無し 2019/06/21(金) 16:53:46.76 ID:yq9mlW8ap
    https://www.google.co.jp/amp/s/www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1442889/176amp

    横浜の夜空に、怪物が大きな花火を打ち上げた。3―4で迎えた6回、DeNA3番手・三嶋の外角寄りスライダーを右中間へ。12日以来となる久々の先発起用で、首脳陣の期待に応えた。

    「狙っていた。自分のスイングでしっかり打てた」と振り返った清宮は、先輩たちからの愛ある“イジり”を人知れずパワーに変えていた。
    後輩ルーキーの吉田輝がプロ初勝利を飾った12日の広島戦、第1打席で流れた登場曲はいつもの「スター・ウォーズ」ではなく、米津玄師プロデュースの2020年東京五輪応援ソング「パプリカ」だった。

    2: 名無し 2019/06/21(金) 16:54:12.25 ID:yq9mlW8ap
    実はこれ、かねて清宮の登場曲について「ダサい」「もっと今っぽい曲の方がいい」と話していた先輩の清水と横尾がイタズラで勝手に登場曲を変更したもので
    小学生が歌うかわいらしいコーラスに調子を崩したのか、この打席では空振り三振を喫し、次の打席では代打を送られた。

    それだけならほほえましいエピソードなのだが、清宮のまさかの激怒でベンチは一変。
    強い口調で“一喝”されたという清水は「(登場曲が)ルーティンになっているんですかね。まさかあそこまで怒るとは思わなかったです…」と振り返る。

    【【悲報】清宮、先輩の清水と横尾にブチ切れ怒鳴る 】の続きを読む