なんJ 高校野球まとめ速報

現役高校球児、甲子園で活躍したプロが中心です

    清宮幸太郎

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1495652460/

    no title

    : 風吹けば名無し 2017/05/25(木) 04:01:00.20 ID:tUz/J4Nv0
    主役はまたもや高校生離れした特大の1発を見舞ったが、プロのスカウト陣は徐々に撤退モードに入りつつある。


    複数球団の幹部スカウトが賛辞を並べる一方、年始の時点では岡崎スカウト部長ら3人態勢で八王子市の早大グラウンドまではせ参じた巨人は、
    今大会は担当の福王スカウトが21日の初戦を視察したのみ。巨人は複数によるチェック体制を今年からやめていることもあるが、かつての密着マークぶりからはほど遠い。

    別の某球団のスカウトは「清宮は早大進学でほぼ固まったとみられている。巨人に限らずフェードアウトする球団は出てきている」と断言。

    今秋ドラフトの超目玉だけに、正式な進路決定まで担当スカウトは視察を続けるが、本音では他の候補に軸足を移している球団が少なくないというのだ。

    そもそも早実では、王貞治ソフトバンク球団会長や荒木大輔氏(元ヤクルト)のように高卒で直接プロ入りした選手は、
    1983年の板倉賢司(大洋3位)と上福元勤(巨人6位)の両氏が最後。近年は早大進学が既定路線となっている。

    早実関係者は「ウチの学校に来て大学へ行かないのは、まずありえない。親御さんはまず間違いなく早大に進学させるために入れているようなものですから」。

    早実では昨年度の卒業生387人のうち377人が早大に推薦入学。プロ垂涎の集客力を誇る怪物スラッガーも、ご多分に漏れず既定路線を歩むことになるのか。 

    http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20170524/bbl1705241530003-n1.htm

    【【悲報】清宮、大学進学が確定的】の続きを読む

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1495275972/

    o0320024013265579585

    1: 風吹けば名無し 2017/05/20(土) 19:26:12.40 ID:tL+DA/At0
    はい論破

    【清宮否定厨「ファースト専のデブはいらん」 ワヒ「清原」】の続きを読む

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1494676799/

    1: 風吹けば名無し 2017/05/13(土) 20:59:59.39 ID:rqSzFfUxp
    早実・清宮が入ったら危ないプロ球団とは?

    最後の夏を迎える早実の清宮幸太郎内野手の進路に早くも注目が集まりつつある。日本のプロ野球なのか、進学なのか、それともメジャーなのか。

    その決断を下すのはまだ先になるが、元ヤクルトのスカウト責任者で、池山隆寛や広沢克己といったホームランバッターのドラフト経験もある片岡宏雄氏は、「入る球団を間違えないならプロ。それ以外なら進学」という意見を持つ。

    「入ると危険なチームは、勝つことを義務づけられているゆえ育成というものが両立しにくいチームだ。例えば、岡本和真も育てきれず、大田泰示を放出してしまった巨人や、
    同じく金本監督がだいぶチームを変えて新人王の高山俊は出したが、目先の勝利のために我慢して使い続けることのできない阪神、練習量では球界一の広島などに進んでも苦労はすると思う」

    20170428-00000001-wordleafs-000-7-view[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000001-wordleafs-base

    【【悲報】元ヤクルトスカウト「清宮は入る球団を間違えたら終わる。」】の続きを読む

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1494730374/

    1: 風吹けば名無し 2017/05/14(日) 11:52:54.62 ID:gBKbQ+7Pp
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-01823162-nksports-base

    1-5で迎えた9回2死走者なし。2番雪山を迎えた場面で秀岳館・鍛治舎巧監督はマウンドに伝令を送り敬遠を指示したのだ。次打者は3番清宮。捕手が立ち上がるとスタンドを埋めた6000人のファンから拍手も起こった。

    清宮は一瞬、複雑そうな表情を浮かべ打席へ。カウント1-2から4球目の直球を打って一ゴロ。最後の打者となった。

    この日は3打数1安打2四球。3回の第2打席ではプロ注目の148キロ左腕・川端から痛烈な右前安打を放った。
    20170514-01823162-nksports-000-3-view[1]


    【早実・清宮幸太郎が秀岳館鍛治舎の采配にマジで激怒wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ