なんJ 高校野球まとめ速報

現役高校球児、甲子園で活躍したプロが中心です

    藤浪晋太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1537078720/
    DnMhEGyUwAEwq7F



    1: 名無し 2018/09/16(日) 15:18:40.72 ID:XJrlqGh1M
    これはあかんね

    【【悲報】藤浪投手、復帰登板も3回に満塁から連続押し出し四球ののち満塁ホームラン 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_7679

    1: 名無し 2018/09/16(日) 15:07:10.17 ID:qHnQlDt60
    きたあああああああ

    【藤浪、遂に打者として覚醒uuuuuuuuuuuuuuuuuuuuu】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    IMG_7678


    1: 名無し 2018/09/16(日) 14:23:49.34 ID:SK8wvfpe0
    1回無失点

    【【速報】藤浪、ガチのマジで覚醒wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1531291195/

    f5ac293c

    1: 名無し 2018/07/11(水) 15:39:55.96 ID:qR37rWY00
    金本監督「俺、どついてないよ」 藤浪「殴られていないです。大丈夫です」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000010-tospoweb-base
    この日発売の一部週刊誌では指揮官が藤浪に鉄拳制裁を食らわせたかのような記事が掲載されたが、
    金本監督は「俺、どついてないよ」と苦笑い。藤浪本人も「殴られていないです。大丈夫です」とキッパリ否定した。

    【金本「俺が選手に暴力?ありえないよなぁ晋太郎(笑)」 藤浪「(ビクッ は、はいそうですね…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    阪神・藤浪晋太郎投手(24)が15日の楽天戦で、昨年5月4日以来、407日ぶりの白星をつかみ取った。苦しんだ1年間を経ての待望の1勝。復活ロードには、藤浪を支えた1通のLINEがあった。




     苦しいこともあるだろう

     なき度(た)いこともあるだろう

     これらをじつとこらえてゆくのが男の修行である-

     何度、自宅の壁を眺め、歯を食い縛っただろう。藤浪が住むマンションのリビングに、大日本帝国海軍連合艦隊司令長官、山本五十六の言葉が飾ってある。昨季、必死に耐えたはずの瞳から2度、涙がこぼれ落ちた。まずは4月4日・ヤクルト戦。畠山への死球から両軍が入り乱れ、壮絶な乱闘騒ぎとなった。

     昨季不振の最大要因に挙げられるが、あの試合以上に苦しんだマウンドがある。8月16日の広島戦だ。故障以外で初めて2軍落ちを経験し、3カ月ぶりに臨んだ1軍登板。抹消期間は登板日以外でボールボーイを務め、ネット裏ではビデオ撮影。配球チャートも付けた。「全てが勉強になる」と、5年目にして初体験の連続。苦しんだ期間を経て挑んだ。

     結果的に4回2/3を、7安打7四死球で3失点KO。二回、投手・大瀬良の左肘付近に死球を当てた。降板後、申し訳なさから涙が止まらなかった。親交も深い先輩右腕には、すぐにLINEで謝罪した。「気にしないで」。死球後の笑顔同様、返信も優しかった。大瀬良は文面にこんな思いを込めていた。

     「彼には誰にも投げられない直球がある。僕に当てたくらいで、長所を見失ってほしくない。いろんなことを言う人がいる。でも、自分を信じてほしい」。昨年12月、藤浪は自分探しの旅に出た。理学療法士や動作解析など、各部門の専門家を頼って東奔西走。日の当たる時を信じ、風雪に耐えて咲く。色鮮やかな梅花のように、ひたむきに、ひたすらに花開く季節を待った。

     「男の修行」は今も続く。それでも大瀬良の言葉が胸にはある。「いま、自分が速い球が投げられなかったら、なんの取り柄があるんだろって。ただのコントロールが悪い投手。自分は見失いたくない」。悔し涙を、うれし涙に変えた。藤浪を救った1通のLINE。407日ぶりの勝利は、耐えて、信じてつかんだ1勝だ。

    20180616-00000030-dal-000-6-view[1]

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000030-dal-base

    【大瀬良大地さん、藤浪を救っていた】の続きを読む