大阪桐蔭が興国にサヨナラ勝ちし、3年ぶり11度目の夏の甲子園出場を決めた。9回2死三塁で、主将の池田陵真中堅手(3年)がサヨナラ打を放った。興国は46年ぶりの甲子園出場はならなかった。  プロ注目の最速154キロ右腕・  プロ注目の最速154キロ右腕・関戸康介(3年)は今大会7試合で1度も登板機会がなかった。「チームが勝つことが一番。優勝できてうれしい」と仲間と喜びを分かち合った。  一方で「1年秋からベンチに入らせてもらって、チームに貢献できなかったので、悔しいというか情けない」と歯がゆさをにじませた。「チームのために少しでも貢献できるようにしたい」と甲子園での巻き返しを誓った。

 B5260103-4DB3-4155-B8FA-CD4117D21128



 一方で「1年秋からベンチに入らせてもらって、チームに貢献できなかったので、悔しいというか情けない」と歯がゆさをにじませた。「チームのために少しでも貢献できるようにしたい」と甲子園での巻き返しを誓った。
 

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ead7100e3a093f4d3a289e4809e24e02ad5fe2e