http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1554205195/
no title

1: 名無し 2019/04/02(火) 20:39:55.49 ID:xTpFexIV0

「選抜高校野球・準決勝、東邦4-2明石商」(2日、甲子園球場)


 東邦・河合佑真外野手(3年)が七回の打席で右手に死球を受け、一塁へ出塁した後で途中交代した。試合後に西宮市内の病院で診察を受け、右母指基節骨骨折と診断された。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000121-dal-base


2: 名無し 2019/04/02(火) 20:40:33.75 ID:U1G19TLJ0
かわいそう

3: 名無し 2019/04/02(火) 20:41:27.56 ID:wPyDdFVtd
塁審にグニグニ押されて痛そうだった

なかなか治療や臨時代走を認めなかった主審と一塁塁審は、一体どういう判断だったんだろうか?
頭部以外は臨時代走を認めないという規定があるわけではないと思うんだが
東邦の監督さんは怒り心頭だったし、明石商の投手と守備は結果的に長く待たされたし、何かおかしな雰囲気が漂っていた。





最初、一塁塁審は痛がっているランナーが患部を見せても交代NGのようなジェスチャーでしたよね?2度目に見せたときにたぶん腫れてきて交代となったように見えた。塁審を責めるつもりはないが、プロと違って高校生は悪意のあるウソはつかないから痛がっているそぶりを見て大事をとる判断をしてほしかった。

 



TVで見ていましたが 死球を受けた直後 痛がってた河合君の手の具合を見ず 死球判定だけした 主審の対応は
手袋を外さして 腫れ具合など見て欲しかったです。
指は ボールとバットに挟まれ 相当 痛かったはずです。
河合君 自身がランナーとなり、痛みに耐えれず申告したので その辺は 大人が しっかりと 見て欲しい