北照がセンバツ出場の駒大苫小牧に15―2で大勝し、5年ぶり4度目の甲子園出場を決めた。

 4番岡崎翔太左翼手(3年)がサイクル安打を達成するなど大量18安打の猛攻。変則左腕のエース原田桂吾(3年)が5安打2失点で完投した。

 甲子園では春は11、13年と2度8強入りも、夏は未勝利。上林弘樹監督(38)は「1戦1戦生徒が一生懸命やっていて頼もしく見えた。みんなでつかんだ勝利。南北海道代表として1つでも多く勝ちたい」と笑顔を浮かべた

20180722-00000117-spnannex-000-6-view[1]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000117-spnannex-base