早実・野村大樹捕手(3年)が、工学院大付戦で高校通算55本目となるソロ本塁打を放ち、チームを勝利に導いた。

 6点リードの4回無死、初球の直球を強振し、左翼席に運んだ。公式戦では、昨年の春季東京大会の日大三との決勝戦以来の1発に「単打は出てましたが、やっぱりホームランは盛り上がるし、違うなと感じた。流れを変えられるなと思った」と笑顔で話した。チームは、16強進出を決めた。
20180407-00172528-nksports-000-3-view[1]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00172528-nksports-base

甲子園で見てみたいけど、チームとして厳しいかな?


年ぶりの公式戦での1発
野村も清宮と同じく練習試合でのホームランが多い。
それと清宮いなくなってベースがおちている。


プロ行ってほしいな。早稲田行ったら加藤みたいに伸び悩みそう