報徳学園(兵庫)のドラフト上位候補・小園が西宮市の同校で行われた由利工(秋田)との練習試合で高校通算28号本塁打を放った。

 5回に追い込まれながらファウルで粘り、フルカウントからの6球目の内角低め直球を右越えソロ。「しっかりついていけた。狙っていた」と振り返った。7回にも右前適時打でチームの全2打点をマーク。

 視察した広島・鞘師智也スカウトは「ホームランバッターじゃないけど、飛ばす力もある」と評価した。試合は21世紀枠でセンバツに出場する相手に2―5で敗れた。
20180318-00000153-spnannex-000-1-view[1]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00000153-spnannex-base