「高校野球・練習試合、大阪桐蔭19-0関西学院」(8日、関学大グラウンド)

 今秋ドラフト1位候補の大阪桐蔭・藤原恭大外野手(2年)は、昨年10月に痛めた右膝が完治せず、関西学院戦は先発から外れた。
 八回1死一塁で代打で出場し、二ゴロ併殺打だった。「センバツまでに、どれだけ(右膝の)状態を上げていけるか。MAXまではいけない。7、8割でどれだけできるかだと思う」と、慎重に見通しを話した。
20180308-00000131-dal-000-3-view[1]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000131-dal-base