第90回記念センバツ高校野球大会(23日から13日間・甲子園)に出場する大阪桐蔭が練習試合解禁となった8日、兵庫・西宮市の関学大で関西学院と練習試合を行い、19―0で圧勝した。今秋ドラフト上位候補の根尾昂内野手(新3年)が5回1死で左翼へ高校通算21本目となる本塁打を放った。


 阪神、ヤクルト、広島、DeNA、日本ハムのスカウトが見守る前で「4番・遊撃」で先発。登板機会はなかったものの、初回の先制タイムリーを含めて4打数3安打2打点をマークした。「積極的にいこうと思った。外の球を強く振れた」と、逆方向へ驚がくの一発を放った。
20180308-00000124-sph-000-3-view[1]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000124-sph-base

この記事の反応↓


一冬越えてどれだけ成長したか楽しみです。
甲子園での活躍を期待しています。



高校時代長打もあってピッチャーやってたイチローと被るし良いチームに入って欲しいねえ。まあ先の話で甲子園での活躍を期待やな。                     
                   

堂林がいた時の中京大中京と接戦を演じた関学。
桐蔭が強過ぎるのか、関学が落ちたのか