明徳義塾が36年ぶり2度目の優勝を飾った。90年に就任した馬淵史郎監督(61)は、自身初めての優勝。決勝の試合後、初戦が行われた11日朝に母・中本アキさん(享年95)を亡くしていたことを明かした。

 大会中だったため、通夜も告別式も欠席。ちょうど告別式の時間帯に行われた準決勝の試合後、ナインには事情を説明して涙ぐみながら「勝ってくれよ」と優勝に向けたゲキを飛ばしていた。

 「昨日(13日)はおふくろの告別式だったからね。子供を預かっているし、帰れない。まあ、宿命ですよ。勝負の世界にいたらしょうがない」と話した馬淵監督。ウイニングボールを受け取り「帰ったら墓前に供えたい。子供たちが(監督のためにと)考えてくれていたのならうれしい」と感慨をにじませた。
20171114-00000054-dal-000-4-view[1]

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000054-dal-base