背番号17の最速140キロ右腕、西舘勇陽(1年)が9回2安打2失点(自責0)で完投し、新怪物候補の片りんを見せた。この日、準決勝進出を決めた4チームの先発投手は、いずれも自責0で好投。安定した投手力を武器に、明日17日に行われる準決勝で激突する。

 最後の打者を二飛に仕留めると、西舘はガッツポーズを繰り出さず、控えめな笑みを浮かべて整列した。2回に唯一浴びた2連続安打で2点先制を許すも、動じない。182センチの長身から投げ込むスライダーでカウントを稼ぎ、決め球スプリットで凡打を誘って公式戦初完投をマークした。
201710160000236-w200_0
https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201710160000236.html