<高校野球春季近畿大会:大阪桐蔭4-3彦根東>◇3日◇準決勝◇大阪・舞洲ベースボールスタジアム


 大阪桐蔭(大阪1位)が彦根東(滋賀)に辛勝した。

 初回に1点を先制したが、5回に3点を奪われ逆転を許した。大阪桐蔭打線は、彦根東の先発左腕にタイミングだ合わず、追加点を奪えない時間が続いた。7回に1点差に追いつき、9回に2つの犠飛で2点を奪い勝ち越した。

 西谷浩一監督(47)は「公立高校らしいチーム。頭を使って研究されてるな、さすがだなと思いました。しっかり練習されているチーム」と相手をたたえた。15年の春の近畿大会1回戦で対戦し、2-3で敗れており“連敗”はまぬがれた。「7、8、9回に強いチームにと言ってきた。でもそれは前半に攻撃した上でのこと」と序盤になかなか点を奪えなかったチームに厳しく振り返った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-01834479-nksports-base
20170603-01834479-nksports-000-4-view[1]