「高校野球・春季近畿大会決勝 大阪桐蔭18-0東海大仰星」(4日、舞洲)

 今春センバツを制した大阪桐蔭(大阪1位)が、春季近畿大会決勝の最多得点記録を更新する18点を奪って、3年ぶり4度目の優勝を決めた。

序盤から得点を重ね、四回は打者11人で6点を奪った。七回1死満塁は、8番・根尾昂外野手(2年)が右翼席上段へ特大満塁本塁打を放った。

 八回に17点目を奪って決勝の最多得点記録に並ぶと、九回に中川卓也内野手(2年)が左中間へ適時二塁打を放って新記録を樹立。今春のセンバツ1回戦から公式戦16連勝となった。

 西谷浩一監督は「点数はこうなったけど、そんなに力の差はないと思います。厳しい夏になると思う。これで(夏の大阪大会前の)公式戦は終わったので、いい準備をしたいと思います」と大勝にも慢心する様子はなかった。

 東海大仰星(大阪3位)は序盤の好機を逃して流れをつかめず、初優勝を逃した。

20170604-00000077-dal-000-6-view[1]

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170604-00000077-dal-base