なんJ 高校野球まとめ速報

現役高校球児、甲子園で活躍したプロが中心です

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1500868179/

    1: 風吹けば名無し 2017/07/24(月) 12:49:39.46 ID:CAP_USER9
    ◇第99回全国高校野球選手権熊本大会決勝 秀岳館3―1九州学院(2017年7月24日 藤崎台)

    秀岳館が九州学院を3―1で破り、2年連続3度目の甲子園出場を決めた。序盤に1点ずつを取り合った後は
    緊迫した展開となったが、9回2死二、三塁で相手守備に乱れが出て2点を勝ち越し。そのまま逃げ切った。

    鍛冶舎巧監督が突発性不整脈で検査入院する中、接戦を制した選手たちは、2年連続、春夏連続、4季連続の
    甲子園を手土産に、監督に勝利の報告をする。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000109-spnannex-base

    【鍛治舎監督不在の秀岳館 アクシデントを乗り越え甲子園へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     最速146キロ右腕・柿木蓮投手(2年)が今大会初先発。この日の最速142キロの直球に、スライダーとフォークを交えて8者連続を含む11三振を奪取。六回1死で安打を許すまで無安打投球を続ける快投を見せた。

     八回からは根尾昂投手(2年)が今大会初登板。2回無安打無失点で試合を締めくくった。

     来秋のドラフト候補に挙がる柿木は「やっと(先発が)来たという感じでした。監督にアピールしていたけど、目が合ってもそらされたりしていたので(笑)。調子はよかったと思う。僕は後ろでの登板もあるので、『ここは柿木だ』と言われるように頑張りたい」と笑顔で振り返った。

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000038-dal-base
    【大阪桐蔭柿木、8者連続を含む11奪三振無失点】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1500449964/
    20170716-01856096-nksports-000-3-view

    1: 風吹けば名無し 2017/07/19(水) 16:39:24.06 ID:tQ8mIKBVd
    【神奈川】横浜にスーパー1年生左腕 先発・及川、最速143キロで4回6K0封

     ◆全国高校野球選手権神奈川大会 ▽2回戦 横浜12-0南=7回コールド=(15日・サーティーフォー相模原)

     神奈川では、横浜のスーパー1年生で最速143キロ左腕の及川(およかわ)雅貴が、名門では異例の夏初戦先発で4回無失点6奪三振。2年連続出場へコールド発進した。

    4: 風吹けば名無し 2017/07/19(水) 16:40:06.43 ID:tQ8mIKBVd
    すらりとした長いリーチから、強いストレートが放たれた。名門横浜の夏の開幕マウンドを託されたのは、何と1年生。最速143キロを誇るサウスポー・及川がマウンドで躍動した。
    182センチの長身を生かした堂々たる投球はルーキーを感じさせない。4回を投げ、4四死球を与えたが、1安打無失点、6三振を奪った。

     「大事な初戦で先発させてもらって、しっかりいいピッチングをしないといけないと思った。多少不安な気持ちはあったが、そんなことは言ってられない」

     この日投げた全69球中、変化球は縦スライダーを2、3球投げただけ。それ以外は得意の直球で押した。
    同校の1年生で夏の開幕投手を務めるのは、全国制覇した愛甲猛でも松坂大輔でもなし得なかった大役だ。昨夏の万波中正に続き、またも横浜の1年生が躍動した。

     

    5: 風吹けば名無し 2017/07/19(水) 16:40:26.91 ID:tQ8mIKBVd
    抜てきした平田徹監督(34)も「彼のストレートがきちっとコーナーにいけば通用すると思った。期待するピッチングをしてくれた」と評価した。

     昨年はU―15日本代表に選出され、鹿取義隆監督(60=現巨人GM)のもとで出場したU―15W杯で、最優秀防御率を受賞した。
    全国の約30校もの強豪校から誘いがあった逸材だ。「甲子園も行きたいが、何よりプロに行きたい」と横浜の門を叩いた。入学前にはテレビ朝日系「ビートたけしのスポーツ大将」で西武の秋山、森や中日の平田と対戦。
    直球で平田を空振り三振に打ち取り「普通にプロでいるピッチャー」とうならせた実力の持ち主だ。

     同校OBのヤクルト・斉藤スカウトも「左腕であの身長を持つ先発完投型はプロでも見ない。
    2年後はドラフト候補になるだろう」と絶賛した。同校2年連続の甲子園へ、16歳が左腕を振りまくる。(小林 圭太)

    6: 風吹けば名無し 2017/07/19(水) 16:40:49.99 ID:tQ8mIKBVd
    ◆及川 雅貴(およかわ・まさき)2001年4月18日、千葉・匝瑳(そうさ)市生まれ。16歳。小3から須賀スポーツ少年団(軟式)で野球を始め、13年、千葉ロッテマリーンズジュニアに選出。
    中学時代は匝瑳リトルシニアに所属し、U―15日本代表選出。182センチ、71キロ。左投左打。家族は両親と姉。

    7: 風吹けば名無し 2017/07/19(水) 16:41:20.59 ID:tQ8mIKBVd

    【【悲報】千葉県さん、また逸材を横浜高校に取られる】の続きを読む